「人と住まいの健康のために」カテゴリーアーカイブ

「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」…足元がぽかぽかと暖かく、頭のまわりは心地よい温度。

昔から快適に、そして頭をスッキリ働かせるのに理想的な室内環境とされてきました。

しかし現代の冬の住まいでは、足元が寒く頭のまわりが暑い不快な空間が目立ちます。

一方、夏は地球温暖化の影響もあり、年々暑さがきびしくなっています。

このため2階がむし暑く、クーラーをつけてもなかなか効かない、夜中まで暑くて寝つけない、

といった不快な住宅が増えています。当然冷房にかかるコストも増えてきます。

このように現在の日本の住まいでは、夏の暑さ・冬の寒さが日々の生活の切実な問題となっているのです。

住まいを正しく断熱すれば、年間を通して快適に過ごすことができます。

【 断熱のすすめ 】→ 住まい手がかかえる季節の悩み