「道北」カテゴリーアーカイブ

道北振興株式会社さんは、旭川、小樽、帯広、釧路の4拠点を中心に活動されています。

お忙しいところ御対応頂きましたのは営業部の笠原係長様です。

旭川豊岡モデルハウス by journal standard Furniture

現在、道北振興さんでは「新しい提案のモデルハウス」と題して、モデルハウスごとにプランニングを行っているそうです。


今回のモデルハウスは、人気のセレクトショップ・ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)の、主にインテリアや家具などを扱うjournal standard Furnitureとコラボレーションされています。

調度品もすべてby journal standard Furniture

置かれている調度品から小物に至るまで、journal standard Furnitureの世界観が再現されています。

伝統工法と現代技術を融合させた自由度の高いプランニング

道北振興さんでは、設計自由度が高い「木造軸組工法」に、北国に適した高気密・高断熱性能の「基礎断熱工法」と「ネオマフォームによる外張断熱工法」を採用し、伝統的な工法と現代の技術を融合した。デザイン性、機能性ともに高レベルの空間づくりをご提案されています。

ぜひ現地に足を運び、設計自由度の高さと空間づくりの妙を体験してみて下さい。

道北振興さんの歴史は古く、宅地建物取引業としては旭川において登録第一号だとのお話です。

ネオマフォームとの出会いなど、色々お話を伺いたいところではありますが、残念ながらあっという間にお時間となってしまいました。お話の続きはまたの機会にお聞かせ下さい。

お忙しいところご案内頂いた笠原係長様をはじめ、その他スタッフの方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

道北振興 株式会社
住所:〒 070-0035 北海道旭川市5条通6丁目右1号
代表:谷口 清仁
HP:https://www.d-shinkou.co.jp/

株式会社ファインホームさんは北海道旭川市を中心にご活動されています。

お忙しいところ対応して頂きましたのは、代表の松本社長様です。

高性能が基本仕様

2000年のネオマフォーム発売と同時にご採用頂き、現在はネオマフォーム外張り66mm+RW75mm充填を標準仕様としてご愛顧頂いております。

作り手としてのこだわり

ファインホームさんの住宅は、構造用パネルと軸組を一体化させた新在来木造工法により耐震等級2を実現し、徹底した断熱・気密施工により標準UA値は0.26だそうです。

特許を取得したオリジナルの熱交換換気暖房システム(エア・ファイン)を備えた高性能な住宅を手掛けていらっしゃいます。

プランニング時には松本社長も自ら手書きでパースを描いたり、趣味・趣向に添ったオリジナルの家具の提案・制作も行うなど、ハード面とソフト面双方からお施主様のご希望に合わせて行くそうです。

旭川といえば家具でも有名な土地柄なので、モノ作りに対するこだわりをお持ちの方が多いのかもしれません。

松本社長のお話を伺っていると、随所に作り手としてのこだわりを感じました。

北海道の家が快適な理由

「本州の人たちは寒かったら家の中でも服を着ればいいと思っている」と松本社長は本州の方と北海道の方の感覚の違いについて語ります。

「北海道の人たちは家全体を暖かくすれば良いと考える。その証拠に冬でも半袖に短パンで過ごそうとしている人が多い」

「どちらの場合も暖房に頼れば解決するが、寒さの厳しい北海道の場合は本州とは比べ物にならないほど暖房費が嵩んでしまうから断熱性能を上げた方が安上がりになる」

こうした事が住宅性能の向上につながっているのですね。「東京を訪れた北海道の人が建物の中が寒くて驚く」というのも頷けます。

永山モデルハウス

ファインホームさんのこだわりが沢山詰まった永山モデルハウスを見学させて頂きました。

スクエアでタイル張りの外観が目を惹くおしゃれな住宅です。

見た目のデザインだけでなく性能面も大変充実しているようです。

こちらのモデルハウスには基礎空間である1階床下と2階床下空間に設置した専用放熱器から通気ガラリを通して各室へ熱を流入させるオリジナルの換気暖房システム(エア・ファイン)が設置されています。

居室別に温度管理をするルームサーモと、大型第一種熱交換式換気システムの組合せで、居住空間全体を温度ムラのない空気環境を作り上げているそうです。

【 ファインホーム 】→ AIR FINE

ライフスタイルを提案

インテリアも素晴らしいですね。

確かな施工技術

場所によっては凍結深度が100cmにもなる旭川地区。関東人の感覚では「冬場には基礎工事ができないのではないか」と質問してみたところ「覆いをして基礎全体を温める、コンクリート自体もお湯で練るなど工夫するので作業をしていると汗ばむ位だ。濃度も変えるので、むしろ空気が乾燥している冬場の方がしっかりとした基礎が打てる」という回答でした。

施工費は割高になってしまうそうですが、技術的な問題はないそうです。改めて北海道における建築技術の高さに驚きました。

ここで残念ながらお時間となってしまいました。続きはまたの機会にお聞かせ下さい。

お忙しいところご対応頂いた松本社長様、取材をサポート頂いた株式会社中野銘木店・取締役第二営業部長 渋谷様、その他スタッフの方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

株式会社 ファインホーム
住所:〒070-0831 北海道旭川市旭町1条21丁目2173番地132
代表:松本 浩行
HP:http://www.fine-home.co.jp/

株式会社コクドホームさんは北海道旭川市を中心にご活動されています。

妥協しない一生に一度の家づくり

お忙しいところ取材に応じて頂きましたのは代表の原田社長様です。

あえて性能面を謳わず、枠にとらわれないカッコ良さ居心地の良さを提案

「旭川という厳しい環境ゆえに性能が良くて当たり前という認識の方が多く、性能面だけでなくプラスアルファの提案力が求められる」と自信ありげな表情で語る原田社長。

私たちも期待が高まります。実際にモデルハウスを見学させて頂く事になりました。

開放的なLDK

こちらのモデルハウスの壁はネオマフォーム外張り60mmプラスGW充填のダブル断熱仕様。

「壁の外側から建物全体を包み込むように断熱材を貼っていくので、安定した断熱性と気密性を確保できる」と原田社長。ネオマフォームの長期性能に期待されています。

これだけの開口部がありながら建物の中は快適で、あえて性能面を謳わなくても高性能なのが判ります。

間接照明が映えるモダンなリビング

シティホテルのような落ち着いた雰囲気を演出する計算された照明、取材という事を忘れて寛いだ気分になります。

随所にオリジナルの造作

いずれもデザイン性に優れ、これだけ収納量があれば便利ですね。

OBお施主様からのご紹介が多いと伺いましたが、まさに丁寧な仕事ぶりです。

ここまで作り込むにはプランニングも含めて相応の時間が掛かると思います。

まさに「一期一会の心で、じっくりと時間をかけて形にしていく」という企業コンセプトどおりですね。

残念ながらあっという間にお時間となってしまいました。続きはまたの機会にお聞かせ下さい。

お忙しいところご案内頂いた原田社長様をはじめ、スタッフの方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

株式会社 コクドホーム
住所:〒079-8402 北海道旭川市秋月2条2丁目4番6号
代表:原田 憲一
HP:http://kokudohome.co.jp/

北海道旭川市のアトリエカーサさんが東京の町田市南町田に北海道仕様の木造三階建狭小住宅「M.MACHIDA.BASE」として建築されています。

北海道ではネオマフォーム100mmを使用し、オリジナル換気システムで、高断熱・低炭素住宅を実現。

町田市では50mmのネオマフォームに加え、外壁は6つの性能を兼ね備えたへーベルパワーボードのフラット目地工法を採用。旭化成建材の外壁新工法+高断熱仕様で建築中です。

【 へーベルパワーボード 】→ 「 PBフラット目地工法 」

株式会社atelier casa (アトリエ カーサ)
住所:〒070-8001 北海道旭川市神楽1条8丁目1−6
代表:石川 健介
HP:https://ateliercasa-home.jimdo.com/

前回ジョイフルホームさんを取材させていただいた時に「次世代型の高断熱住宅を建てる」とお話しを聞いておりましたが、今回、お施主様にお住いの感想を取材させて頂けることになりました。

今年の旭川市は例年になく雪が多いそうで、お施主様の 続きを読む ネオマフォーム壁150㎜・屋根200㎜採用のジョイフルホームさんの高断熱住宅

北海道旭川市の株式会社atelier casa(アトリエ カーサ)さんをご訪問してきました。

「オーダー住宅でありながらECOで低炭素の次世代住宅を創造する」

アトリエ カーサさんは 「オーダー住宅でありながらECOで低炭素の次世代住宅を創造する 」をテーマに時代のニーズに対応した家づくりをされています。

お忙しいところご対応頂きましたのは代表の石川社長様です。

アトリエカーサさんでは、標準仕様にネオマフォーム100mmをご採用頂いています。

「北海道の家は断熱性に優れているが、省エネ意識が低い?」

厳しい冬の寒さに耐える北海道の家。特に現代の家は断熱性が高く室内は「快適」な温度に保たれています。

この「快適」な部分については、 続きを読む 旭川市のアトリエ カーサさんをご訪問

動物の行動展示で人気の旭川の旭山動物園を訪れてきました。目的は「ほっきょくぐま館」です。

自然界の驚異!ホッキョクグマの秘密

北極の過酷な寒さに適応するため、ホッキョクグマの体には様々な秘密があります。 続きを読む ホッキョクグマの体毛は天然の断熱材

北海道旭川市の株式会社こまいホームさんをご訪問させて頂きました。

お忙しいところ快く取材に応じて頂きましたのは代表の駒井社長様、吉田工事部主任様です。

「お客様のニーズに合った住宅づくり」

こまいホームさんは「お客様の立場に立ったハートフル仕様」をテーマに、 続きを読む 旭川の株式会社こまいホームさんをご訪問

株式会社太平ホーム北海道さんは、札幌、旭川、釧路、帯広、函館、苫小牧の6拠点を中心に活動されています。

大変お忙しいところ快く取材に応じて頂きましたのは代表の渡邊社長様、千葉建設部長様です。

「北海道人の想いが、創る家。」

北国の気候風土にあった堅牢さと美しさを兼ね備えた家づくりをテーマに、 続きを読む 札幌の株式会社太平ホーム北海道さんをご訪問

株式会社ジョイフルホームさんは、札幌、旭川を中心に活動されています。

お忙しいところご対応頂きましたのは代表の福田社長様です。

「想いに応える住まいづくり」

ジョイフルホームさんは「若いファミリーにも手が届くハイクオリティー」をテーマに 続きを読む 札幌の株式会社 ジョイフルホームさんをご訪問