「株式会社ヤマジョウ建設」カテゴリーアーカイブ

岐阜県下呂市の有限会社倉地製材所さんをご訪問しました。

県の82%を森林が占める岐阜県

県の82%を森林が占める岐阜県。

「東濃桧」として知られるヒノキの資源量は13万立方メートルと、高知県についで全国第2位だそうです。

東濃桧は、通直、正円、狭い年輪幅、ピンクで艶のある材質、無節または小節、香り高い、材にねばりがあるなどの特徴があり、杉は「長良杉」として、秋田杉や屋久杉と並んで人気があるそうです。

以前、ヤマジョウ建設・長屋社長に「製材」についてお話を伺った折に「木について知っておいて損はないよ」「製材所に話しておくから実際に見てみるといいよ」と勧められ、見学させて頂く事となりました。

私たちには「伐採された木を製材する」という漠然としたイメージしかなく、内心ご迷惑ではないかと心配していましたが、そんな私たちを笑顔で出迎えて頂いたのは、倉地製材所代表の倉地社長様です。

丸太の皮むき

リングバーカーという機械で丸太の皮を 続きを読む 岐阜県下呂市の倉地製材所さんをご訪問

岐阜のヤマジョウ建設さんをご訪問しました。

大変お忙しいところ、取材に応じて頂きましたのは代表の長屋社長様です。

お施主様イベント・無農薬で育てた茶摘み体験

ちょうど取材の2日前、長屋社長の御祖父様が自家栽培されていた茶畑で茶摘み体験会を催されそうです。

スマホで撮影された画像を拝見させて頂きました。

無農薬で、茶葉を揉むととてもいい匂いがするそうです。


この他にも「樹齢100年の木を切るツアー」などのイベントを 続きを読む 岐阜のヤマジョウ建設さんの断熱施工現場を見学

外貼り断熱作業が始まったヤマジョウ建設さんの施工現場を見学してきました。

周囲を山々に囲まれた岐阜県関市板取(いたどり)に本社があるヤマジョウ建設さんは、古くから山林製材業も営まれています。

自然と深く関わる事から、計画伐採・植林、山林の環境保護などにも積極的に取り組まれています。

一軒目は、ヤマジョウ建設さんならではの、木をふんだんに使った施工現場でした。 続きを読む ヤマジョウ建設さんの施工現場を見学

株式会社ヤマジョウ建設さんは「家づくりはお客様とともに」をモットーに、岐阜県関市を中心にご活躍されています。

木のプロフェッショナル・使用木材量は2倍相当?

一般的な住宅に使われる木材の量は、だいたい15㎥だそうです。

ヤマジョウ建設さんの家に使われる木材の量は、 続きを読む 岐阜の株式会社ヤマジョウ建設さんをご訪問