有限会社佳築さんは、静岡県富士宮市を中心に活動されています。

「長期に渡って住み続けられる家であること」

お忙しいところ御対応頂きましたのは代表の塩川喜大社長様です。

「欧米には数世代も住み続けている住宅があるのに、相変わらず日本人はスクラップ&ビルドを繰り返している。これではいつまで経っても住宅ローンに縛られるだけだ」と塩川社長は語ります。

「佳築は長く住み続けられる事を何よりも重要と考え、将来のライフスタイルの変化を見据えてご提案している」

静かな語り口ですが、言葉一つ一つに説得力を感じます。

目先の価格のみに囚われず「長く住み続けられる家」という長期的視点で考えるべきだという事ですね。

「建材選びも長期に渡って性能を維持するかどうかがポイントだ」とネオマフォームの長期断熱性能に期待されています。

【旭化成の断熱材・ネオマフォームとは】→  「断熱材の長期性能変化に関する報告」

そんな塩川社長ですが、 続きを読む 静岡県富士宮市の佳築さんをご訪問