「ネオマリーダーズクラブメンバー」カテゴリーアーカイブ

北海道旭川市のアトリエカーサさんが東京の町田市南町田に北海道仕様の木造三階建狭小住宅「M.MACHIDA.BASE」として建築されています。

北海道ではネオマフォーム100mmを使用し、オリジナル換気システムで、高断熱・低炭素住宅を実現。

町田市では50mmのネオマフォームに加え、外壁は6つの性能を兼ね備えたへーベルパワーボードのフラット目地工法を採用。旭化成建材の外壁新工法+高断熱仕様で建築中です。

【 へーベルパワーボード 】→ 「 PBフラット目地工法 」

株式会社atelier casa (アトリエ カーサ)
住所:〒070-8001 北海道旭川市神楽1条8丁目1−6
代表:石川 健介
HPhttps://ateliercasa-home.jimdo.com/

5月の取材の折に「施工中だった現場が完成した」というご連絡をいただき、改めてお伺いしてきました。

コロナ住宅さんの住宅の外壁には以前からパワーボードをご採用いただいています。

ネオマフォームの断熱性能をより生かすためでもありますが、「外観的にも他社さんとの差別化に繋がっている」というお話です。

【 へーベルパワーボード 】→ 「 パワーボードを知る 」

手前味噌になってしまうかもしれませんが、実際に拝見してみると 続きを読む コロナ住宅さんの施工現場が完成

福島県南会津の株式会社星工務店さんをご訪問致しました。

星工務店さんは昭和33年に創業され、半世紀に渡り福島県南会津地域を中心に活動されています。

お忙しいところご対応頂きましたのは代表の星社長様です。

「伝統工法に学び、新しい技術へ」

星工務店さんのキャッチフレーズ「伝統工法に学び、新しい技術へ」続きを読む 福島県南会津の星工務店さんをご訪問

岐阜県岐南町の株式会社伊田屋さんをご訪問してきました。

お忙しい中、ご対応して頂きましたのは、岐阜支店建築事業部営業係長の鴨川様と同じく営業の山田様、近藤様です。

先を見据える永住品質

伊田屋さんは「先を見据える永住品質」をキャッチフレーズに 続きを読む 岐阜県の伊田屋さんをご訪問

和モダンな展示棟

7月2日にグランドオープンした飯田ハウジングセンターの井坪工務店・飯田展示場を見学させて頂きました。

3連休に行った見学ツアーには40組以上のお施主様が見学されるなど人気の高さが伺えます。

オープン記念に贈られた沢山のお花が来場者を出迎えます。 続きを読む 飯田市の井坪工務店・飯田展示場を見学してきました。

愛媛県新居浜市の株式会社白川建設さんをご訪問致しました。

豪快な丸太の組み合わせに感動

オフィスに一歩入ると、豪快な無垢の丸太が縦横に組み合わされた軸組に圧倒されます。

白川建設3つのこだわり

お見事な梁を見上げていると 続きを読む 愛媛県新居浜市の白川建設さんをご訪問

株式会社吉兆ホームさんは「住んでからも満足」をキャッチフレーズに秋田県秋田市を中心に活動されています。

大変お忙しいところ、取材に応じて頂きましたのは代表の吉田社長様、色彩コーディネーターの加賀谷様です。

「徹底して基本性能にこだわる」

吉兆ホームさんがご提案されている住宅について伺うと「単純に言うと強くて暖かい家」と吉田社長。

「ネオマフォーム発売と同時に採用した」と、ネオマフォームの断熱性能については絶大な信頼を寄せて頂いています。

「ウチは後追い営業みたいなものは一切しない主義だし、基本性能にこだわる以外は、お施主様の要望通りだよ」と控え目な吉田社長。

しかし、先日開催されたオープンハウスでは30組の来場者があったというお話しに、地域の方達の注目度の高さが伺えます。 続きを読む 秋田市の吉兆ホームさんをご訪問

井坪工務店さんが運営している住まいの情報センターを見学させて頂きました。

「見て、触って、体験できる」ショールーム

地理的な条件もあって、これまで飯田市にはこうしたショールームがなく、地域の方々は遠方に出かけて見学していたそうです。

「これだけの規模のものを作るとなると自社の資金だけでは賄えない、当時専務だった自分は父の意見に猛反対した」と井坪社長。

しかし、「地元・飯田市にお施主様の役に立つショールームを作りたい、これは俺の夢だ」とお父様でもある先代の務社長に言われ、そこまで言うならと決断されたそうです。

2,000坪という大型ショールームには、井坪工務店の定番仕様の家が丸ごと再現されていたり、WB通気工法の体験ルームなど、「見て、触って、体験できる」ショールームとなっています。

新築・リフォームのお施主様との打合せ、住宅お手入れセミナーなどの 続きを読む 井坪工務店さんの住まいの情報センター(松川ショールーム)

長野県飯田市の有限会社井坪工務店さんをご訪問致しました。

井坪工務店さんは昭和40年に創業され、自らを「大工仕事に一番の誇りを持っている会社」として、半世紀に渡り長野県飯田市を中心に活動されています。

お忙しいところご対応頂きましたのは代表の井坪寿晴社長様です。

「本当にいい家とは、住む人が笑顔でいられる生活の喜びを感じられる家」

お父上様でもある先代の井坪務社長は 続きを読む 長野県飯田市の井坪工務店さんをご訪問

岐阜県下呂市の有限会社倉地製材所さんをご訪問しました。

県の82%を森林が占める岐阜県

県の82%を森林が占める岐阜県。

「東濃桧」として知られるヒノキの資源量は13万立方メートルと、高知県についで全国第2位だそうです。

東濃桧は、通直、正円、狭い年輪幅、ピンクで艶のある材質、無節または小節、香り高い、材にねばりがあるなどの特徴があり、杉は「長良杉」として、秋田杉や屋久杉と並んで人気があるそうです。

以前、ヤマジョウ建設・長屋社長に「製材」についてお話を伺った折に「木について知っておいて損はないよ」「製材所に話しておくから実際に見てみるといいよ」と勧められ、見学させて頂く事となりました。

私たちには「伐採された木を製材する」という漠然としたイメージしかなく、内心ご迷惑ではないかと心配していましたが、そんな私たちを笑顔で出迎えて頂いたのは、倉地製材所代表の倉地社長様です。

丸太の皮むき

リングバーカーという機械で丸太の皮を 続きを読む 岐阜県下呂市の倉地製材所さんをご訪問