「有限会社リフォームハウス創」カテゴリーアーカイブ

有限会社リフォームハウス創さんは、「夢を叶えるお手伝い」をキャッチフレーズに北海道北見市を中心に活動されています。

夢を叶えるお手伝い

リフォームハウス創さんは、お名前のとおり住宅リフォームを手掛ける会社として1988年に創業されました。

片平社長は以前建築会社で企画のお仕事をされていたそうですが、その頃からすでに断熱に取り組んでいらっしゃったそうです。

「真剣に建築に向き合うと断熱・気密・換気に行き当たる」と片平社長。

今回は大変お忙しい合間に取材に応じて頂きました。

ルーミットホーム新空調の家

リフォームハウス創さんの「ルーミットホーム新空調の家」は、屋根外張り断熱120mm+壁外張り断熱60mmで建物全体をネオマフォームですっぽり包みます

確かな施工技術で「夏は涼しく・冬は暖かい」を実現されています。

夏は小屋裏で冷やした空気が北側の壁体内を循環し、それを室内で吸い上げます。

冬は床下で温めた空気が壁体内を上昇し、熱交換器を通して綺麗な空気と汚れた空気に分けてレンジフードから放出されます。

熱交換システムの配管は二層構造になっていて、一旦集められた排気をさらに熱交換するという、念の入った2段構えの熱交換システムとなっているそうです。

エネルギーロスを最大限まで抑えているので、建物本体から熱が損失する分を加味しても、エネルギーロスは10%から22%程度というお話しです。

ロス分が少ないという事は、それだけランニングコストも抑えられる事になります。

寒さの厳しい北見市に限らず、北海道では月の暖房費が6万円とか7万円というお話をよく耳にします。

ルーミットホーム新空調の家では、40坪程度の建物で年間の暖房費が10万円程度で済むそうです。

熱交換機能を備えたレンジフードを標準採用するなど、メンテンナンスコストにも配慮されていらっしゃいます。
【 リフォームハウス創 】→ 新空調の家ルーミットホームとは

気密と空調

気密性が高い建物は計画的に換気を行わないと負圧の関係で空気は外に出て行きません。

日本全体平均でみても北海道の家は全体的に気密性能が高いです。

その中でもリフォームハウス創さんのルーミットホーム新空調の家はトップクラスの性能です。

さらに築10年後に気密測定を行っても新築時とほぼ変わらない数値を保っていらっしゃるそうです。

先進国中で断トツのヒートショック死亡数を更新している日本ですが、ルーミットホーム新空調の家では1階と2階の温度差が僅か0.5℃程度だそうです。

建物自体の劣化も防ぎ、小屋裏や床下なども有効活用できます。

あえて性能を謳わない

「プロの建築屋として高性能な家を建てるのは当たり前」「性能について聞かれれば答えるけど、わざわざ言わない」と片平社長。

誤解のないように付け加えますが、決して寡黙な方という訳ではありません。

住宅性能に関する私たちの質問にも淀みなく明解にお答えいただきましたし、おそらく、本気で住宅性能のお話をされたら一晩中でも語られるでしょう。

坪単価で判断しがちな傾向がある世の中で、いきなり住宅性能の話をしても抵抗があるだろうという思いがあるように感じました。

片平社長は大変気さくで、とても親しみのあるお方です。OBのお施主様からのご紹介が多いというのも判る気がしました。

非常に残念ですがここでお時間となってしまいました。また改めまして取材できたらと思います。

帰り際に、床下に使われているホタテの貝殻を原料とした焼成カルシウムをお土産としてスタッフ全員に頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。

有限会社 リフォームハウス創
住所:〒090-0825 北見市無加川町409-26
代表:片平 明弘
HP:http://www8.plala.or.jp/souhouse/index.html