TOP ≫  ネオマゼウス ≫  高橋建築さんによるネオマゼウス試験施工

突然の災害でお住まいを失い、仮住まい暮らしを強いられながらの工務店探し、災害での教訓を元に数社にアプローチを重ね、最後にお施主様が白羽の矢を立てたのが高橋建築さんでした。

高橋建築さんは火に強い断熱材「ネオマフォーム」と外装材「パワーボード」を標準採用し、高性能な家づくりで定評があります。

「一刻も早く元の生活に戻してあげたい」「予算も抑えてあげないと」と語る高橋社長。

わたしたちの製品の納品先には、こうしたドラマがあるという事を改めて実感させられました。

断熱材の施工精度の高さと、驚くべき施工スピード

隙間なく、手際よく、ネオマゼウスが充填されていきます。

お見事なチームワーク

ネオマゼウスを加工する大工さんと配置する大工さんの連携は素晴らしいです。

採寸→加工→配置の作業の流れに一切の無駄がありません。

事もなげに大工さんたちはテキパキと確実に断熱材を張っていきます。

迅速かつ丁寧な気密テープ施工

写真では止まって見えますが、実際はカメラで追うのが間に合わない程のスピードです。

迅速かつ正確に、片手でテープを伸ばし片手でしっかりと押さえつけながら気密テープが貼られていきます。

最後に住宅の隙間の量を測定する気密性能試験も行われ、0.2cm2/m2という高性能に改めてレベルの高さを実感しました。

屋根断熱~壁外張り断熱・胴縁施工まで正味2日

屋根断熱~壁外張り断熱・胴縁施工まで正味2日で終わりました。

施工終了後の断熱材の廃材の少なさに我々一同目を丸くしました。

壁外張り断熱施工で残った廃材は、0.2㎥、3×6板換算でたった2枚程度の残材量です。

住まい手と地球環境の両方に優しい家の省エネ対策は、施工中から始まっているのだと学ばされました。

お仕事のご関係でお施主様はあまり現場にいらっしゃる事ができませんが、お母様は良く現場に来られ、素敵な笑顔をいつも我々に下さり、現場もとてもにこやかでした。

こちらの現場は、試験販売中の世界最高レベルの断熱性能を持つ「ネオマゼウス」を用いた現場です。屋根・壁をネオマゼウスで外張りし、スッポリ家を包んでおり断熱性と気密性がとても優れています。

お施主様は厳しいご経験を経た後にすごく幸せなご選択をなさったと思います。

今回は基礎から壁、屋根まですべての断熱材を現在試験販売中で来年1月発売予定の最高性能の新商品「ネオマゼウス」をお使いいただきました。

高橋社長、今回も長時間に渡り現場を取材させていただき誠にありがとうございました。

高橋建築株式会社
住所:〒368-0101 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野144
代表:高橋 慎吾
HP:http://www.ta-k.jp/index.html