代官山の「MOCTAVE HOUSE」

無垢材の木目の美しさを活かした芸術性の高い家具作り「代官山のMOCTAVE HOUSE」

MOCTAVE「モクターブ」さんは、岐阜県産の広葉樹を使った家具作りをされているインテリアブランドです。岐阜のヤマジョウ建設さんを取材した際に、長屋社長様よりご紹介されました。

ファッションや流行に敏感な人たちが多く集う代官山に店舗を構え、種類の異なる木材を組み合わせる「寄木」スタイルの家具が展示されています。

二つとして同じものがないというこだわり様で、アート作品のような魅力も併せ持っています。

スタッフにお話を伺ったところ、岐阜県で製材所を経営されているオーナーが、木肌の美しさに惹かれて加工せず手元に残していた木材が材料だとか。

それを地元の家具職人が丁寧に木取りし、ひとつひとつ手作りで仕上げているそうです。

コンセプトは、日々の暮らしに木々の多彩な表情を映す「人生をともにできる家具」

長期に渡って断熱性能を維持するネオマフォームと、重なる部分があるような気がします。

記念に寄木のウッドコースターを購入しました。

快適空間ラボラトリー:体験棟で使わせて頂いております。


外部リンク→MOCTAVE HOUSE 代官山 | 東京代官山のインテリア・国産無垢家具